Q&A

消防設備点検・工事に関するご質問

消防設備にはどのようなものがありますか?

消防設備として代表的なものとしては消火器、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備などが挙げられます。

消防設備の耐用年数を教えてください
それぞれに耐用年数の目安が定められています。たとえば消火器の耐用年数は8年です。しかし、これはあくまでも目安。点検の結果、損傷などが見つかった場合は交換など早急な対応が必要です。
消防設備点検はどのくらいの間隔で行えばいいのでしょうか?
損傷の有無などを外観から点検する機器点検は6ヶ月に1回以上、総合的な機能を点検する総合点検は1年に1回以上と義務付けられています。適切な期間は建物や設備の状況などにより異なりますので、くわしく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
消防設備点検を行わなかった場合の罰則を教えてください。
定期的な消防設備点検は消防法により義務付けられています。これを怠ることは消防法違反となり、罰金などが課されます。また消防法違反が原因で火災が起き死傷者が出た場合は、最高1億円(法人の場合)の罰金を科せられます。あらゆる方向でのリスクヘッジという意味でも、消防法の遵守が必要です。
消防設備点検の内容を教えてください。

消防法に定められた消防用設備(消火器具、誘導灯、非常コンセント設備など)の点検を定められた期間内に行います。

点検後は必ず消防署へ報告しなければいけないのですか?
年に1回、あるいは3年に1回の報告書提出が定められています。報告は当社が代行しますので、どうぞご安心ください。
点検にかかる時間の目安を教えてください。
点検箇所や建物の規模によって異なってきますが、1日~10日前後かかります。
工事にかかる期間の目安を教えてください。
工事内容、建物規模、現場の状況によって大きく変わりますので、ご相談いただければと思います。
費用の目安を教えてください。
概算にはなりますが、お見積りフォームよりお問合わせください。
対応エリアを教えてください。
東京23区内、千葉西部、埼玉南部などが主な対応エリアです。様々なご依頼にも柔軟にお応えしたいと考えていますので、エリア外の場合もお気軽にご相談ください。
保険加入状況を教えてください。
加入しております。

お見積もりはこちら