巧進の消防設備点検サービス

巧進では、消防用設備の点検を行っています。経験と知識の豊富なスタッフが揃っており、火災報知器などだけでなく、スプリンクラーなどの水関係の設備まで対応。図面を書ける職人もいるため、問題が見つかった場合には改修工事まで一貫してお任せいただくことも可能です。また、消防署への届出の代行も承っていますので、お気軽にご相談ください。

点検対象の設備について

消防用設備は消防法第17条の3の3において、有資格者による定期点検が義務づけられています。当社で点検している消防用設備とその点検種別・点検期間は以下の通りです

消防用設備などの種類 点検種別 点検期間
消火器具、消防機関へ通報する火災報知設備、誘導灯、誘導標識、消防用水、非常コンセント設備、無線通信補助設備 機器点検 6ヶ月ごと
屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、泡消火設備、不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設 備、粉末消火設備、屋外消火栓設備、動力消防ポンプ設備、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、漏電火災警報器、非常警報器具及び設備、避難器具、排 煙設備、連結散水設備、連結送水管、非常電源(配線の部分を除く)、操作盤 機器点検 6ヶ月ごと
総合点検 1年ごと
配線 総合点検 1年ごと

※機器点検……損傷の有無などを外観から点検し、また簡易な操作で機能を点検するもの
※総合点検……総合的な機能を点検するもの

非常警報器具点検 非常警報器具点検 誘導灯点検

消防の申請届出を「最後まで」代行します!

一般的な申請代行は「申請書類の作成」までにとどまる事が多いのですが、巧進では「消防への届出」までを代行しております。

「一般的な申請代行の場合」

点検 や 訓練

申請書類 作成代行

お客様が 届出

「巧進の代行の場合」

点検 や 訓練

申請書類 作成代行

巧進が届け出

一般の方が届出に行き、難しい質問に答えられないと、「回答を用意して再訪問」になることもあります。時間のロスを回避するためにも、届出までプロに任せたほうが安心です。

老人ホームや各種介護施設の点検・避難訓練もお任せください

老人ホームの消防設備の中には、一般の施設よりも厳しい点検基準が定められているものもあります。そのため、福祉・介護施設の点検には専門的な資格・知識が必要になるのです。巧進には有資格者のスタッフが在籍し、豊富な知識と経験で福祉・介護施設の防災対策をサポートします。

お得な老人ホームパッケージプランをご用意し、年2回の避難訓練や定期点検、届出代行などをいたしますので、ぜひご活用ください。

老人ホームや各種介護施設の点検・避難訓練も得意です

老人ホームや各種介護施設においては、「特定施設水道連結型スプリンクラー設備」といった特殊な設備が多く備え付けられています。昨今はそれらの試験基準が法令で厳格化されているため、介護・福祉施設における設備点検には専門資格や専門知識が必要です。

巧進には資格保有者が在籍し、スタッフ一同が豊富な知識と経験を所有。豊富な経験と知識で、「AED」といった利用者ニーズの高い緊急医療機器のご提案・設置などもサポートしますので、お気軽にご相談ください。

「老人ホームパッケージプラン」 35万円(税抜)~

パッケージ内容:

  • 半年に1度の機器点検
  • 半年に1度の総合点検
  • 年2回の避難訓練の実施
  • 各種申請書類作成代行
  • 省庁への届出代行

お問い合わせからの流れ

お見積もりはこちら